会社概要

沿革 / 取引先

沿革

1967年 4月 創業
1972年 1月 名称を「東和工業」と定め、小松市安宅町に本社工場を建設
1976年 4月 小松市日末町の旧新日本海工業を併合、钣金加工を開始
1978年 10月 小松市安宅町、本社工場の横に第2工場新築
1979年 10月 (株)小松製作所の指導により、QC 導入
1980年 1月 東和工業を法人化し「東和工業株式会社」とする。
  2月 (株)小松製作所の『みどり会』(協力企業の会)に加 入
  7月 大型自動車切断機(KT540)を2基導入
1982年 7月 本社社屋を建設、同時に設計及び管理部門の強化を図る
  11月 第2工場増築
1984年 5月 NC 自動溶断機(PC500HST)を導入
1985年 4月 能美市根上町に「根上工場」を新築、溶接部門を強化
1986年 12月 溶接ロボット導入
1987年 6月 鋼材供給の円滑化を図るため、日末工場を鋼材倉庫に転換
    TQC を導入
1988年   CAD システム導入
1989年   「根上工場」を増築、大型NC 切断機導入
    「根上工場」を本社とする
1990年   新型CAD システム導入
1991年 5月 本社に「新溶接工場」「総合事務所」新築落成
    大型プレスのCROWN・SLIDE・BED 等のフレーム溶接を本格的に開始
CI 導入
    社名を現在の『東和株式会社』に変更
1992年 9月 コマツ品質管理賞を受賞
    3DCCAD (Pro-E)を導入
1993年 2月 コマツ90A 及び300A プラズマ切断機導入
1996年 10月 大型プレスの組立を開始
2000年 4月 品質管理システム「ISO9001」(1994 年度版)を取得
2003年 4月 タンデム溶接ロボットシステム1号機導入
  4月 品質管理システム「ISO9001」(2000 年度版)を取得
2004年 9月 「日末工場」西側部分を増設
    大型ホィールローダーBUCKET の生産開始
2005年 5月 「はまなす工場」(現在のC 棟)新築し、“コマツ大型 サーボプレス”の増産に対応
    「はまなす工場」に大型5 面加工機HF-7を導入
    「はまなす工場」で大型プレスのUPRIGHT, CARRIER の本格的な加工&組立開始
    「日末工場」北側部分を増設し、大型BUCKET を増産
  12月 本社溶接工場にレイアウトマシーンを導入(検査の自動化導入)
2006年 8月 「はまなす工場」に大型5面加工機HF-7 をもう一台導 入(ハイコラムタイプ)
  11月 本社切板工場増設(“コマツ大型サーボプレス”の増産に対応)
  12月 コマツ金沢工場内で大型プレスの溶接・組立を開始
2007年 3月 「はまなす工場」に第二工場を増設(現在のA 棟)
    小型~大型のホィールローダーのBUCKETの一貫生産開始
    本社溶接工場にタンデム溶接ロボットシステム2号機 導入(3D 溶接生産システムの導入)
2008年 7月 環境経営システム「エコステージ」取得
  10月 「はまなす工場」に第三工場を増設(現在のB棟)
    大型ブルドーザーのトラックフレームの钣金を開始
  12月 「はまなす工場」(BUCKET 工場)を拡大、12軸自動溶接ロボットシステムを導入
    「はなます第二工場」(BUCKET 工場)に自動搬送塗装システムを導入(BUCKET 生産の自動化推進)
2009年 1月 コマツ金沢第二工場操業を開始、東和で『溶接』を担当
  3月 超大型パワーショベルのフレーム溶接開始
  7月 「はまなす工場」に4 棟目の工場増設(現在のD棟)
    大型ブルドーザーのトラックフレームの一貫生産開
2010年 3月 「切板工場」に溶断ロボット、自動開先取機を導入(開 先の自動化推進)
  6月 精密検査器レーザートラッカー導入(検査のIT化推進)
    経済産業省『中部IT 経営力大賞優秀賞』受賞
2011年 2月 超大型パワーショベルのBUCKET の生産開始
  8月 環境経営システム「エコステージ2」取得
2012年 4月 中国にて『常熟東和華技機械製造有限公司』を設立
2013年 6月 中国江蘇省常熟市に「東和常熟工場」を新築

主要取引先

区分 納入先
プレス建機関係 コマツ(金沢工場)、コマツ産機、IHI、エイチ&エフ、 アイタエンジニアリンク
建機関係 コマツ(大阪工場、粟津工場、茨城工場、金沢工場)、 日立建機
産業機械関係 三菱重工、川崎重工、IHI、住友重機械工業
重電関係 東芝、日立製作所、三菱電機

主な仕入先

主な仕入先 新日本製鐵、住友金属工業、KCX

へ戻る