事業概要

事業概要

1967年、厚物鋼板の溶断を主体とする専門企業として出発したTOWAは、常に果敢な開拓精神を胸に抱きながら、キャリアを積み、技を磨いて、 豊かな時代の基盤を支える製品づくりを進めてきました。 工業要ロボットやコンピュータ等のハイテクを次々に導入しながら、溶断はもちろん、設計、板金加工、溶接加工、機械加工、プレス機械組立等へとその専門域を拡大。 加えて、鋼材供給の円滑安定化にも着手しております。このような企業としてのパワーアップは、造船、建設関連業務等への業務拡大やビッグプロジェクトへの参画にもつながっております。

3Dを核とした自動化によるモノづくり。2D図面から完全に3Dモデルを作成します。

完全に自動運転ライン化されたロボット溶接システムによる最先端のモノづくりです。

あらゆるニーズをカタチに。製造を知り尽くした東和の設計をご紹介します。

東和のものづくりの秘密はここにあり。3Dシステムによる新製造システム。

500mmを断つ。厚さ3.2mmから500mm、設備と技術を駆使する「切る」トップメーカーへ。

3Dシステムが生んだ完全オフラインタンデム溶接ロボットが活躍。

トラックフレームやバケットに求められる品質を高度なレベルで実現。

巾3.5m、重さ60tの大物の無人加工を可能にした最新鋭マシンと加工システム。

80tを組む、はまなす工場。21世紀の組立工場の到達点がここにあります。

へ戻る